banner

マネーパートナーズの手数料体系を調べてみた

我々が何かサービスを受ける際には、往々にして手数料が発生するものです。

銀行で、振り込みをする際には、皆様もご存じのように手数料はかかります。銀行で振り込みというサービスを受けるという対価として手数料がかかってくるわけです。

何も銀行だけに限らず、商品によっては色々と手数料がかかってくるケースは多いものです。

そしてご存じのようにFXという商品でも手数料は存在します。先ほど申し上げた入金をするための手数料もその1つです。また取引をする際にも、結局は手数料はかかるケースは多いです。

ところで、これをお読みの皆様はおそらくマネーパートナーズにご興味をお持ちだと思います。マネーパートナーズの手数料はどうなっているのかなどに関しても、興味をお持ちの方々は多いと思います。

ちなみにマネーパートナーズの手数料の体系は、どのようになっているのかを調べている方々は非常に多いそうなのです。

私はマネーパートナーズのサービスはなかなか高品質のものと思います。そしてサービスを受けるとなれば、やはり手数料は発生します。果たしてマネーパートナーズは手数料はどのようになっているのかを、ご紹介させて頂きたいと思います。

株式取引における手数料

まずマネーパートナーズの株式取引の手数料から説明いたします。

マネーパートナーズの場合は、株式取引をする際には2つの方法が存在します。インターネットで取引をするか、コールセンターで注文するかのどちらかです。

コールセンターで注文をする場合は、現時点では2100円の手数料が発生するそうです。しかしインターネットで注文をする場合は、10万円まででしたら210円だそうです。

この手数料は、注文の枚数に応じて変動していきます。30万円まででしたら、現時点では567円だそうです。つまりより多くの枚数の注文をすれば、一枚当たりの単価が下がっていくというシステムです。いわゆるまとめ買いに近いものです。

ちなみに株券の購入をする際にも手数料は発生しますが、それを売却する際は手数料は無料となっているのだそうです。外為としてもそこは大きくアピールをしています。

他にも色々手数料あります。例えば、持っている株券を他の会社に移動する際にもまた手数料がかかってくるのだそうです。そうかと思えば最少単位でない部分を売却をする際にも、手数料がかかってきたりします。

あとは、いわゆる総合口座のような位置付けの会員ページから株式取引の口座に移動する際の手数料は無料となっています。有料な部分もあれば、無料のものもあるというわけです。

いずれにせよ株式取引では、色々と手数料がかかってくるところは多いというのがポイントです。のちほど説明しますが、FXはこれほど多くの手数料は存在しません。

マネーパートナーズの3種類の商品の中でも株式取引の場合は、手数料の種類がやや多いのは特徴的かなと思います。
ちなみにマネーパートナーズという会社は、FXだけでなく他にも色々と商品を取り扱っている会社でもあります。株式取引やCFDなどもその1つです。ここではそれらの商品も含めて、手数料について色々と解説をさせて頂きたいと思います。

FX取引|外国為替
FX取引|外国為替

Copyright(c) 2013 FX口座ごとの取引時間とスプレッドを申し込んで損なく取引! All Rights Reserved.